礼儀について

トラックの模型

謝意を伝える人はある程度決まっています

引越しをしたときに、挨拶をする人は今でも多く、その効果として引越し後の生活を円滑にできることが期待できます。ただ、若い女性が一人暮らしをする場合やその他特別な事情があれば、防犯のことを考えて挨拶しなくてもいいとされています。向こう三軒両隣と言う言葉がありますが、一戸建ての場合、向いの三軒と両隣に挨拶をするのが一般的になります。特に地方、さらに言うと年齢が高い人が多く住む地域だと、この考えは今でも大切にしている傾向があると言えるでしょう。その他これからお世話になる家、たとえば自宅の裏にある家やその両隣の家に対して、挨拶をした方がいいです。マンションやアパートなどの集合住宅では、基本的に両隣や上下に住む人に挨拶をするのが、いいとされています。引越し先に管理人がいる場合、管理人に対しても挨拶をした方がよく、基本的にお世話になることが多い人に対して挨拶をすることになります。旧居でも行った方がよく、お世話になった感謝の気持ちを伝えると同時に、これから行う引越しの際に音がでたりすることについて理解を得た方がいいです。挨拶するタイミングは、新居と旧居どちらとも、引越しをする1週間前から前日までに行うのがいいでしょう。また挨拶する曜日や時間は、一般的に土日祝の午前10時から午後5時程度がいいとされ、それには理由があります。それは在宅している確率が高いことに加えて、特に新居の場合知らない人からの挨拶は日が昇っている時間にした方がいいからです。

Copyright© 2019 業者を利用するのなら事前に一連の流れを把握しておこう All Rights Reserved.