会えない場合

男性作業員

手紙と手土産だけ渡す方法があります

引越しをしてお隣さん宅に挨拶しに行ったときに、仕事などのために会えないと言うことはそれ程珍しいことではないです。何回か挨拶しに行っても不在の場合、挨拶の手紙を添えた手土産を、郵便受けに入れたりドアノブにかけたりすると言う方法があります。手紙は、数行程度の簡単なあいさつ文と引越ししてきた日にち、そして名前(名字のみでも可)を記入すると言うのが、一般的です。手土産に関しては、あまり高価だと受け取りにくいので、500円から1,000円程度の物を選ぶのがいいとされています。挨拶時の手土産としてよく選ばれるのが、お菓子や洗剤、そしてタオルなどとなっていて、長期間残らないものがいいです。食べ物の場合は消費期限が長い、たとえば焼き菓子などが好まれますが、高齢者宅の場合は固くない食べ物の方がいいかもしれません。引越し挨拶用ギフトの購入場所は、百貨店や大型のスーパーやドラッグストアなどになりますが、1,000円以下のものはあまり取り扱われていないです。通販サイトでも引越し挨拶用ギフトを購入でき、傾向として、種類が豊富でかつのし紙もつけてくれるので、利用する人が少なくありません。発送までの時間は業者により異なりますが、早ければ注文当日、時間がかかっても注文してから10日程度までに発送してくれます。送料の方も3,000円から10,000円商品を購入すると無料になることが少なくなく、新居用と旧居用で10個以上発注すれば、送料が無料になることが期待できます。

Copyright© 2019 業者を利用するのなら事前に一連の流れを把握しておこう All Rights Reserved.